Please reload

ググるって言わないらしーよ。今はタグるんだってさ。

April 24, 2018

校則が厳しかった私の小中学生の頃。
いかに制限された中で自分というものを発信するかに命をかけていたようにおもう。

学生カバン、極限にペラペラ。
ギリギリの茶髪チャレンジ。
イラストで個性的なノート作り(表紙w)。


まぁ、、、校則ぶち破ってた頃もあったけれど、制限されればされるほど、頭を使い工夫が産まれる。

いざ大学に入って、ピアスし放題、髪染め放題、オシャレし放題になったタイミングで、ピアス3つと金髪にしたわけだけれど…なかなか開放的ではあったものの、ンな人はごまんといる世の中だと気づいた。

本当の自分の価値はそんなトコで勝負すべきではない。と。

なんでもありっていうのは本当に難しい。
ルールあっての面白さ。
ルールがないなら作るべし。

作詞作曲の世界でも同じ。
真っ白な五線譜(私は作曲に五線譜は一切使わないけど…)に何を描くか。
真っ白なノートに(紙と鉛筆も全く使わないけど…)何を描くか。

基本自由である。
でも、私の中でルールが3つある。

言葉の持つ音。
言葉の持つ意味。
言葉がもつ温度。

メロディーはこれを絶対裏切らないように意識している。

言葉は
言葉だけで充分生きている。
だから本来音がなくても伝わるもの。
だけど、音が重なることで言葉を殺すこともある。
それだけは絶対にしてはいけない。
それも私のルール。

インスタにEighty eightの歌詞を簡潔にアップしてゆくことにした。

Eighty eightの言葉をフォーカスして発信できるツールだと思ったから。

Instagramというルールの中で最大限にEighty eightを発信したい。よければ #歌詞画 #飯田翔子 などでタグって見つけてください。 

 

 

Please reload

Blog

May 17, 2018

May 16, 2018

May 13, 2018

May 8, 2018

May 3, 2018

1/6
Please reload

© 2018 Eighty eight all right reserved.