Please reload

他力本願ってホントは『周りを信じよう』ってことなんじゃないかな。

January 15, 2018

「お前はうちの娘を幸せにできるのかね??」

 

「はい。僕は必ずお嬢さんを幸せにします!」

 

ロンゲで太眉のトレンディードラマみたいなやりとりを一括するようにひと言。

 

「私は誰かに幸せにしてもらうんじゃない!

 自分で幸せになる為に、一緒にいる人を選んでるんだから!」

 

・・・という、数年前のドラマのセリフに拍手の私。

 

 

ダンシングヒーローが至る所で流れていて、荻野目ちゃんを知ってはいても踊れはしないし(あの高校生たちのバブリーダンスじゃなくね)聴いたことあれど、んな懐かしいわけでもない。

 

中途半端な私は「俺じゃダメか」世代なわけで。

 

そこにはもう

「誰かに幸せにしてもらえるわけない!

 この手で幸せを掴まないと!」

 

・・・というバブル崩壊後の妙な女の強さが根底に染み付いているような気がしてならない。

 

 

アンチ他力本願。

我が行く道は我切り開け!

と強気におもってずっと生きて来たけれど。

 

 

でもほんとは、

やっぱり「幸せにしてもらって生きて来たんだろうなぁ」っておもうわけです。

 

それはもしかしたら

 

『誰かに幸せにしてもらう』んじゃなく

 

『誰かに幸せを分け与えてもらっていた』のかもしれない。

 

 

ひとりで、この手で、この足でってがむしゃらになってきたけれど、ひとりで出来る事、掴める事、行ける所なんてほんとにしれていて、周りの自分とかかわってくれるひとからいろんな豊かさをおすそ分けいただいて、幸せを感じさせてもらっている。

 

それって別に

「自分の手で掴んだ幸せ」じゃなくっても

そこに感謝の気持ちを忘れなければ、それは甘えていいんじゃないかなぁと。

 

 

負けん気が強くて

意地っぱりで

プライドが高くて

なんでも自分でやらなければ気が済まなかった

 

けど

それは裏を返せば

 

誰も信用していなかった

とても独りよがりだった

与えられていた幸せに感謝できていなかった

 

ということ。

 

 

もっと信用して

もっと頼って

もっと周りと一緒に生きて行く

 

 

好きなものには脇目をふらず

愛するものには見返りをも求めず

それが自分の幸せだとおもえる自分の本能も実は知っている。

 

 

 

頼られるって嫌じゃない。

信用されてるってことだから。

 

 

 

自分が出来る事ってなんだろうと

ここ最近おもうのですが

私が今、出来る事は、

一生懸命新作を創ることと自分を納得させ

今日もカフェで歌詞を書いているところです

(このブログを書いて現実逃避中ともいうw)

 

 

今週も素敵な一週間になりますように。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Blog

May 17, 2018

May 16, 2018

May 13, 2018

May 8, 2018

May 3, 2018

1/6
Please reload

© 2018 Eighty eight all right reserved.