夏が秋に場所を譲り

目紛しく時が過ぎたとて

濡れた髪の香りがほら

漂えば 心を拐う

 

秋が冬に場所を譲り

人肌恋しい 夜もくれば

柔らかな音色が誘い

貴方が側にいる

 

ようやく春が顔を出し

目を瞑れば浮かぶ同じ青

できるものなら

どうかこのまま

貴方のもとへ

 

あの夏の日 さした栞

ぬいてはまた頁をめくり

幾度も越えた季節の中に

貴方がいてくれる

 

貴方がいてくれる

《栞》


6th album 『PUZZLE』より

Lyrics & Music / Shoko Iida

PUZZLE-img-1920.png