​灰色のスコープ

貴方が大事にしてるもの

ガラクタにさえ感じていた

切れたランプも いつから あのままだったか

気に留めることも なかった日々

 

不必要が存在する

この世が愛おしくも思えた

見るものにしか見えぬ 現実は騙し絵

淑女はそっぽむいて ただ

 

ラジオから流れる甘くほろ苦いエピソード

分け合えば余り奪い合えば足りない

灰色が街を覆う

 

貴方を満たすことができるとすれば

役立たずの 僕をそばに置いて   

 

 

白黒はっきりさせたがらない

貴方に苛立ちを覚えた

切れたランプを 手放す日が来てしまえば

ふたり行き惑うだろう

 

クラクション鳴り響く 窓の外は今日も雨

問いもさみだれ 答えるのは誰

迫り来る夜の帳

 

貴方を満たすことができるとすれば

役立たずの 僕をそばに置いて  



Lyrics & Music / Shoko Iida

灰色のスコープ-スクエア.png